認定講師の派遣

講師派遣の考え方

協会の「講師育成」「講師派遣」「教材提供」という3つのビジョンに基づき、結果につなげることのできる協会認定講師を派遣します。

  1. 「メンタルヘルス研修・モチベーション研修を実施して現状を変えたい」「何度かメンタルヘルス研修を実施しているが効果が見えてこない」「社員のモチベーションを高めて、業績を向上させたい」「自社の中長期計画に合う研修を実施したい」という課題・問題・要望をお持ちの企業・団体様にご活用いただきたいと考えています。
  2. メンタルヘルス問題を未然に防ぎ、また社員のモチベーションを極限まで高めて、いきいきと働くことで、成果を上げやすくなる職場づくりを、ご相談を受けながら支援したいと考えています。

 

研修の特長

協会ではより質の高い、効果的な研修を実施します。

協会が認定したマスター講師を派遣します

  • メンタルヘルスに関する幅広い知識を使いながら研修テーマの本質を伝え、受講者の心を揺さぶることで意識を変えて行動につなげていける協会認定のメンタルヘルス マスター講師を派遣します。

質の高い教材を使用します

  • 厚生労働省が推奨している項目に基づき、より理解しやすく実践に結びつくように協会が編集した教材を使用します。

協会独自のカリキュラムを使います(ケーススタディ、グループワーク)

  • 「安全配慮義務」に関する事例を題材にした質の高いケーススタディ、ライブセッションによる「傾聴」のグループワークといった協会独自のカリキュラムを使うことで、メンタルヘルスにとって重要なテーマをより深く理解することができます。これにより受講後の行動が変わっていきます。

講師派遣メニュー

 

当協会の認定講師にはマスター講師とエキスパート講師があります。

 

エキスパート講師は社内研修レベルを想定しているのに対して、マスター講師は外部研修を想定したより高いレベルの講師です。派遣される講師は後者のマスター講師です。

 

企業・団体で求められているメンタルヘルス研修には、一般従業員の方を対象とした「セルフケア研修」と管理監督者の方を対象とした「ラインケア研修」に分けられます。また従業員のモチベーションを保ち、高めることを目的とした「モチベーションマネジメント研修」があります。当協会ではいずれの研修も提供しています。なお、どちらの研修も、単発ではなく、継続して研修を実施することで効果が出るものとお考え下さい。

ラインケア研修

対象 : 管理監督者(部下を持つ方)
時間 : 6時間を予定しています
■協会が推奨する「ラインケア研修」の一例
テーマ 効果 推定時間
メンタルヘルスケアを行う意義

●会社でメンタルヘルスケアをする3つの観点を理解し、ケアしていきたい意識と意欲が養われる。

  • うつ病などのメンタルヘルス不調を軽く考えず、部下の不調を予防したい気持ちが養われる。
  • 労災と訴訟の関係が理解でき、法律上のリスクを軽減・防止したい意識が養われる。
  • メンタルヘルスケアを行うことで、会社の業績を上げ続ける意識が養われる
1時間
ストレスによる健康障害のメカニズム

●メカニズムを深く理解することで、自分自身と部下に対して、具体的な予防法がわかり、実践することができる。

  • ストレスの発生から、認知⇒感情⇒生命維持機構への影響⇒疾病までの流れが理解できる。
  • 「免疫系、内分泌系、自律神経系」の役割が理解できる。
  • うつ病の流れ、生体がどのようになっているのか、何をすれば治るのか、防げるのかが明確に理解できる。

●全てのステップで効果的な予防法があることが理解でき、自分や部下と照らし合わせ、できているもの、不十分なものが明確になり、実践したい意欲が高まる。

  • ストレス対処行動(コーピング)の重要性と具体的な対応が理解できる。
  • 認知的なアプローチの重要性と具体的な修正の仕方が理解できる。
  • 睡眠の重要性と睡眠の質の高め方が理解できる。
  • 副交感神経を高める重要性と具体的な高め方が理解できる。
2時間30分
「安全配慮義務」ケーススタディ

●安全配慮義務に重要な3つの理解が深まる。

  • 上司のサポートが十分か不十分か、適切か不適切かが明確になる。
  • 予見性(部下の不調や組織的なリスク)を具体的に挙げることができ、重要な事柄に対してアプローチが取れるようになる。
  • 安全配慮義務に則った適切な具体的な対応を挙げることができる。

●安全配慮義務を果たすためには、現在の自分自身のマネジメントの質を高めることで実践できることが理解できる。

  • 部下との会話や相談対応から、重要項目を挙げることができる。
  • 連携を図る重要性が理解できる。
  • 部下の気持ちに焦点を当てることの重要性が理解できる。
  • メンタルヘルスの問題は、空白の後に事態が悪化することが理解できる。
  • リスクを感知するセンスやスキルを養うことで、アプローチを取れることが理解できる。
  • 不調を防ぐのは、メンタルヘルスや法律に特化したものではなく、日常のマネジメントの中で防いで行けることが理解できる。
  • リスクは常に動き、「今どこにリスクがあるか」という意識が重要であることが理解できる。
2時間30分

セルフケア研修

対象 : 全ての従業員の方
時間 : 3時間を予定しています
■協会が推奨する「セルフケア研修」の一例
テーマ 効果 推定時間
メンタルヘルスケアを行う意義

●自分自身に対して、セルフケアをすることの重要性を理解し、行動したい、実践したい気持ちが養われる。

  • うつ病などのメンタルヘルス不調を軽く考えず、不調を予防したい気持ちが養われる。
  • うつ病の問題点が明確になる。
  • うつ病は予防できること、再発しないためのアプローチがあることが理解できる。
30分
ストレスによる健康障害のメカニズム

●メカニズムを深く理解することで、具体的な予防法がわかり、実践することができる。

  • ストレスの発生から、認知⇒感情⇒生命維持機構への影響⇒疾病までの流れが理解できる。
  • 「免疫系、内分泌系、自律神経系」の役割が理解できる。
  • うつ病の流れ、生体がどのようになっているのか、何をすれば治るのか、防げるのかが明確に理解できる。

●全てのステップで効果的な予防法があることが理解でき、自分と照らし合わせ、できているもの、不十分なものが明確になり、実践したい意欲が高まる。

  • ストレス対処行動(コーピング)の重要性と具体的な対応が理解できる。
  • 認知的なアプローチの重要性と具体的な修正の仕方が理解できる。
  • 睡眠の重要性と睡眠の質の高め方が理解できる
  • 副交感神経を高める重要性と具体的な高め方が理解できる。
2時間30分

モチベーションマネジメント研修

対象 : 全ての従業員の方
時間 : 6時間を予定しています
■協会が推奨する「モチベーションマネジメント研修」の一例
テーマ 効果 推定時間
モチベーションを理解する

●モチベーションを正確に理解し、自分と照らし合わせる姿勢を作り、実践したい気持ちが養われる。

  • モチベーションとは何か、モチベーションの3つの要因が深く理解できる。
  • 目標、価値、期待、感情、フローが重要であることが理解できる。
  • 自己実現欲求、内発的動機付け、ワークエンゲイジメントの重要性が理解できる。
1時間30分
影響要因を理解する

●どのようなものから影響を受け、その強さやどこに意識をすることが大事なのかが理解でき、実践することができる。

  • 人間観、組織特性、職務満足感、衛生要因・動機づけ要因、キャリア形成などの影響要因が理解できる。
1時間30分
モチベーションを高める

●モチベーションを高める具体的な方法を習得し、実践することができる。

  • ストレス耐性の向上、ストレスへの対処(コーピング、認知、ソーシャルサポート、ストレスによる健康障害のメカニズム)、目標管理面談の重要性が理解できる。
1時間30分
仕事の価値観を創造する

●仕事とプライベートを連動させ、人生の中での大切なものを浮かび上がらせることで、自分自身のモチベーションの源泉に気付くことができる。

  • 仕事の価値観を創造すると幸せになる、キャリアアンカーを探る、大切なものを見つめる、大切にしている原体験を見つめる、将来のビジョンを描く、目標を設定する、マイルストーンを作るといったそれぞれの重要性が理解でき、実践することができる。
1時間30分

講師派遣のご相談、お申し込み

ご相談からお申し込み、実施までの流れ

■講師派遣のお申し込みについては、研修の構成等のご相談を受けながら、個別に進めてまいります。

ご相談フォームにてお問い合わせ下さい

協会よりご連絡させていただきます

カリキュラム・講師費用等について打ち合せを行います

お見積をご提示いたします

発注書を送付していただきます

研修の実施

請求書を送付いたします

お振込みをしていただきます

ご相談フォーム

■下記のご相談フォームにて、講師派遣についてのお問い合わせ、ご希望等をお受けいたします