メンタルヘルス講師養成研修

講師養成研修

協会が提供する講師養成研修、及び使用テキストは下記のとおりです。

養成研修 使用テキスト
エキスパート知識・実技講座

厚生労働省「メンタルヘルス教育研修担当者養成研修テキスト検討委員会」で作成されたテキストに準拠し、協会で編集を加えたテキストと、「ラインケア研修テキスト」、及び協会が作成した「エキスパート講師養成研修テキスト」を使用します。

マスター知識・実技講座 協会が作成した「マスター講師養成研修テキスト」を使用します。

講師養成研修内容

(1)エキスパートコース

厚生労働省「メンタルヘルス教育研修担当者養成研修テキスト検討委員会」で作成されたテキストに準拠し、協会で編集を加えたテキストを使用します。また、 厚生労働省「労働者の心の健康の保持増進のための指針」の管理監督者に対して掲げられている教育研修・情報提供項目に準拠し、協会が作成した「ラインケア研修テキスト」、及び協会が作成した「エキスパート養成研修テキスト」を使用します。


<エキスパート知識講座の目的および到達目標>

「ラインケア研修」と「セルフケア研修」を⾏う上で、必要なメンタルヘルスの基礎知識を身に付けます。 また、社内のメンタルヘルスケアの推進、ストレスチェック制度の運営に必要な知識が身に付きます。

<エキスパート実技講座の目的および到達目標>

職場で「ラインケア研修」と「セルフケア研修」を⾏うために必要なスキルを身に付けます。
  1. 1. メンタルヘルス研修を行うための心構えと重要ポイントを理解します。
  2. 2. メンタルヘルス研修を行うためのインストラクション技術を習得します。
  3. 3. 核心をつかむケーススタディやセッションを行うためのスキルを身に付けます。

<エキスパートコース研修内容>

  エキスパート知識講座
1日目

1.メンタルヘルスケアの意義

  1. 1. 職場におけるメンタルヘルスの重要性
  2. 2. メンタルヘルスケアの考え方
  3. 3. 労働安全衛生法について
  4. 4. 労働者の心の健康の保持増進のための指針

2.ストレスおよびメンタルヘルスケアに関する基礎知識

  1. 1. ストレスについて
  2. 2. 事業場の心の健康づくり計画および体制づくりの方法
  3. 3. 4つのメンタルヘルスケアの推進

3.教育研修担当者の役割とメンタルヘルス教育の進め方

  1. 1. メンタルヘルス教育研修担当者の役割
  2. 2. 教育研修の進め方
  3. 3. 教育研修の事例

4.職場環境等の把握と改善の方法および企業のリスクマネジメントとコンプライアンス

  1. 1. 職場のストレス要因の把握
  2. 2. 職場環境等の改善を通じたストレスの軽減
  3. 3. 事業場の事例研究
  4. 4. メンタルヘルスと企業の社会的責任
  5. 5. 安全配慮義務について
  6. 6. 精神障害等の労災認定
2日目

5.メンタルヘルス不調への気づきと対応

  1. 1. 労働者による自発的な相談とセルフチェック
  2. 2. 管理監督者、事業場内産業保健スタッフ等による相談対応
  3. 3. 労働者個人のメンタルヘルス不調を把握する際の留意点
  4. 4. メンタルヘルス不調に関わる病気
  5. 5. メンタルヘルス不調への対処
  6. 6. 自殺の実態と予防を含めた対応

6.職場復帰における支援の進め方

  1. 1. 職場復帰支援の流れ
  2. 2. 管理監督者および事業場内産業保健スタッフ等の役割
  3. 3. 教育研修の重要性
  4. 4. プライバシーの保護
  5. 5. その他の検討・留意事項

7.個人情報保護への配慮

  1. 1. 個人情報保護法とメンタルヘルス対策に対する個人情報の取扱い
  2. 2. 労働者の同意
  3. 3. 事業場内産業保健スタッフによる情報の加工
  4. 4. 健康情報取扱いに関する事業場内における取り決め

8.メンタルヘルスケア等に関する教育技法

  1. 1. セルフケアのための技法
  2. 2. 積極的傾聴法について
  3. 3. グループ討議のための技法
エキスパート実技講座
1日目
  1. 1. メンタルヘルス研修の理解を深める
  2. 2. メンタルヘルス研修は何が重要なのか
  3. 3. メンタルヘルス講師内製化のニーズ
  4. 4. プロ講師への道のり
  5. 5. メンタルヘルス研修の心構え
  6. 6. ケーススタディ「安全配慮義務」を習得する
  7. 7. グループワーク「傾聴」を習得する
2日目
  1. 8. 認定試験(実技試験)のポイント
  2. 9. 模擬講義演習「ラインケア研修」

(2)マスターコース

「マスターメンタルヘルス講師」を目指す研修コースです。プロのメンタルヘルス講師として活動できます。社内及び外部講師として「ラインケア研修」「セルフケア研修」といったメンタルヘルス研修を実施できます。またエキスパートコースを実施し、「エキスパート メンタルヘルス講師」を育成することができます。


<マスター知識講座の目的および到達目標>

社外研修とエキスパートコースを実施するための必要な実技の質を高めます。

<マスター実技講座の目的および到達目標>

社外研修とエキスパートコースを実施するための必要な実技の質を高めます。
 

<マスターコース研修内容>

マスター知識講座
1日目
  1. 1. 「ストレスチェック制度」の理解を深める
  2. 2. 「ハラスメント」の理解を深める
  3. 3. 「新型うつ」の理解を深める
  4. 4. 「睡眠」の理解を深める
2日目
  1. 5. 「モチベーション」の理解を深める
  2. 6. 「仕事の価値観の創造」の理解を深める
  3. 7. 「セルフケア技法」の理解を深める
  4. 8. 「精神医学」の理解を深める
マスター実技講座
1日目

1.マスター講師の心得

  1. ・最新動向(法令・省令、研究報告、各種調査結果、判例、事件、業界の動き、世の中の動き等)
  2. ・表現方法の留意点(学会の主流、合意形成、調査結果の断定的な表現等)

2.認定制度の理解

3.エキスパート認定試験の評価方法と評価基準

4.マスター講師認定試験の要点

  1. ・学科試験、論述試験、実技試験のポイント
2日目

5.「エキスパート知識講座」「エキスパート実技講座」の模擬講義

  1. ・「本人選択箇所」模擬講義
  2. ・「講師指定箇所」模擬講義
  3. ・「安全配慮義務ケーススタディ」模擬講義
  4. ・「傾聴ライブセッション」模擬講義

6.質疑応答の質を高める

7.フィードバックと振り返りの質を高める


(3)ブラッシュアップコース

ブラッシュアップコースには実技講座と知識講座があります。実技講座は、講義、質疑応答、グループワークの質を高めたい、模擬講義の試験対策をしたい、などのニーズに応える向上研修です。内容は、マスター実技講座の2日目と同じです。 マスター実技講座を受講した後にさらにスキルアップを図るためにご活用ください。知識講座は、社会環境の変化や企業環境の変化、またメンタルヘルス分野の最新知識や情報を学ぶための研修です。なお知識講座は必要に応じてご用意する予定です。


<ブラッシュアップ実技講座の目的および到達目標>

4つの選択種別から学習したいパートを選び、模擬講義を行いクオリティを高めていきます。
 

<ブラッシュアップ知識講座の目的および到達目標>

社会環境の変化、企業環境の変化、メンタルヘルス分野の最新知識や情報を学びます。
 

<ブラッシュアップコース研修内容>

ブラッシュアップ実技講座

模擬講義(下記から選択)

  1. 1. 「本人選択箇所」模擬講義
  2. 2. 「講師指定箇所」模擬講義
  3. 3. 「安全配慮義務ケーススタディ」模擬講義
  4. 4. 「傾聴ライブセッション」模擬講義

受講者の声

【エキスパート知識講座を受講された方の声】

●メンタルヘルスの知識、個人のストレス対処方法、組織としての不調者への対応など、多くのことが学べました。

●精神障害の認定基準や安全配慮義務を遵守しているかの判断を、自社と照らして対応不十分であると気づきました。

●基礎知識をしっかり頭に入れることの大切さを痛感しました。

●伝わる研修ができるようになると感じました。学ぶ喜びがありました。

●法令的なことも含めて、ケアに対する優先順位、病状など初期対策を実践する基礎知識を得ることができました。

●メンタルヘルス不調に至るまでのメカニズムや専門的な知識を得ることが、不調の防止や発生時の適切な対応には不可欠だと思いました。

●今まで様々な研修を受けてきましたが、実践につながる「本当に大切な知識」が何かを学ぶことができました。

●元部下を自殺で亡くすという体験、業績向上を求める中での社内の雰囲気、それについていけない社員を見る中で、様々な因果関係を理解したいということが受講のきっかけ。この講座では、それに加え、メンタル不調になった人へのケア、自身のストレス耐性アップにも具体的に言及しており、期待以上の内容でした。

【エキスパート実技講座を受講された方の声】

●他のメンバーの方々の模擬講義を聞き、「こういう表現があるんだ」、「的を得た例えだ」と大変良い刺激を受けました。

●仲間と一緒に学ぶ相乗効果と楽しさを満喫しました。

●「意識」、「知識」、「実践」を体感しました。

●知識を得るだけでは伝わらない。自分自身がしっかりと理解・納得したうえで、相手にどう感じてほしいかを意識して、心をこめて伝えることが大切だと思いました。

●傾聴の能力と問題解決の能力は異なるが、マネジメントを行ううえでは、両方の能力を磨く必要があると認識できた。

●メンタルヘルス研修に限らず、様々なプレゼンを行ううえで、「相手の心を揺さぶる」、「双方向のコミュニケーション」など、プレゼンのコアとなるスキルを学ぶことができた。

●グループワークやライブセッション、ケーススタディ(事例検討)などを他の受講者と行うことで、様々な気づきを得ることができた。

●基礎養成講座で学んだ知識を、講師としてどのように使うかに落とし込んでいく講座で、自分の仕事をイメージしながら、各項目をどう仕事に応用できるかが明確にできると思った。